婦人

税理士や弁護士の力を借りる|法の番人による徹底SUPPORT

業者に手続きを委託

男女

会社を立ち上げた後に、何らかの事情があって実質的に営業活動を行えない状態なることがあります。そのような場合は、法律に則った解散の手続きを行なう必要があります。手続きを行わずに放置していると、法人住民税を支払う必要性が生じてしまいます。法人住民税は最低でも7万円支払う必要がありますので、放置していると大きな金額となってしまいます。また、営業をしていない状態でも、登録されている役員の任期が満了した場合は役員変更登記を行なう必要性が生じます。役員変更登記をせずに放置してしまうと、罰金が課せられてしまいますので注意が必要です。余計な出費を発生させないためにも、営業活動が停止している会社が換算して清算結了を行いましょう。
会社の解散手続きや、清算結了を行なうためには、様々な手続きが必要となります。何をどのように行なって良いかわからずに困ってしまう方は数多くいます。自分の知識だけで解散の手続きができないという方は、会社解散や会社清算の手続きをサポートしてくれる業者に依頼すると良いでしょう。会社解散や会社精算の手続きをサポートしてくれる業者は、法律に精通している司法書士が様々な手続きを行なってくれます。例えば、解散手続きに必要な必要書類一式の作成を代行して行なってくれます。その他にも、解散登記や清算人選任登記、精算結了登記といった法務局の登記手続きも代行して行なってくれます。また、官報広告に掲載する手続きや、清算結了までのスケジューリングまで、ありとあらゆる面で徹底的にサポートしてくれます。このような業者の力を借りて、会社解散や会社精算を行うと良いでしょう。