婦人

税理士や弁護士の力を借りる|法の番人による徹底SUPPORT

弁護士に相談する

握手をする男性

永遠の愛を誓い合ったパートナーでも、長年連れ添っている間に関係が崩れてしまうことがあります。苦痛を感じながら共に生活をしていても、お互いにとってよくありません。離婚をして第2の人生を歩み出すことによって、より充実した日々を贈ることが出来ます。離婚をする際には、様々なトラブルに発展してしまうことがあります。そのような場合、声が大きい方や口が達者な方に有利な条件で離婚が成立してしまうことがあります。法的に公平で公正な条件で離婚するためにも、弁護士に相談して離婚の話し合いを進めましょう。
万が一不貞行為やドメスティック・バイオレンスが原因で離婚をする場合は、相手から慰謝料を請求することも出来ます。慰謝料とは、暴力による肉体的苦痛や不貞行為による精神的苦痛、もしくは離婚をすることそのものの精神的苦痛に対する損賠賠償のことです。慰謝料の金額を決めるのは、離婚の原因がどのようなことだったということや、精神的苦痛の大きさ、どのような結婚生活を送っていたか、相手の収入や資産など様々な面を総合的に見て決められます。夫婦間だけの話し合いだけで別れる協議離婚の場合は、慰謝料の金額が低いまま泣き寝入りしてしまうケースも少なくはありません。適正な金額の慰謝料を受け取るためにも、弁護士に仲介してもらいましょう。弁護士と言っても得手不得手があり、離婚問題を得意としている弁護士がいます。離婚問題を得意としている弁護士は、離婚に関する知識が豊富で、経験も多いので様々なケースに柔軟に対応してくれます。離婚をする際にしっかりと相手から慰謝料を取りたいのであれば、弁護士に相談しましょう。