婦人

税理士や弁護士の力を借りる|法の番人による徹底SUPPORT

遺言書を作成

腕を組む男女

自分が働いて稼いだ財産が死後どのようになるかをしっかり考えておくことは非常に大切です。相続に関する準備を怠ってしまうと、相続税の額が大きくなってしまい財産の多くを失ってしまうことがあります。また、相続に関して遺族の間でトラブルになってしまい、家族や親戚の間に修復不可能な溝が出来てしまうことがあります。そのような事態を防ぐためにも、生前から相続準備をしておくようにしましょう。
生前に行なっておきたい相続準備として挙げられるのが、遺言書を作成しておくということです。遺言書とは、自分の財産をどのように相続するのかという意志を、法的な効力のある書面に残しておくということです。法的に効力のある遺言書を残すことによって、遺族間のトラブルや法的なトラブルを裂けることが出来ます。遺言書を作成する際には、誰にどれくらい財産を割り振りするかをしっかり決めておきましょう。
遺言書を作成する際に非常に重要になってくるのが、法的に効力のある文書を作成するという点です。例えば、遺言書に押印が無かった場合は、遺言として法的な効力を失ってしまいます。財産の配分に納得がいっていない遺族が、法的な効力が無効であることを理由にして財産の分配を遺族間の話し合いで決めようとするといったトラブルが起きることもあります。そのようなトラブルを防ぐためにも、遺言書の作成を福岡にある弁護士事務所に依頼すると良いでしょう。福岡にある弁護士事務所では、相続に関する相談を受け付けています。他の弁護士事務所に比べると、福岡にある弁護士事務所は遺言作成などの相続準備に関する相談件数が多いです。経験豊富な福岡の弁護士事務所に依頼することで、法的に効果のある遺言書を作成することが出来ます。