男性

税理士や弁護士の力を借りる|法の番人による徹底SUPPORT

弁護士に相談する

握手をする男性

離婚する際に、様々なトラブルが発生して泥沼化してしまうことがあります。そのような場合は、法律の専門家である弁護士に相談すると良いでしょう。協議離婚の際などは慰謝料が低くなりがちなので、弁護士に仲介してもらいましょう。

View Detail

業者に手続きを委託

男女

営業活動を行なっていない会社は、解散の手続きを行なうようにしましょう。手続きを行わずに放置してると、法人住民税などの支払いが生じます。手続きの方法が分からないのであれば、業者に委託すると良いでしょう。

View Detail

悩みを解消

資料を持つ男性

人間関係や金銭など、様々なトラブルに巻き込まれて困っているという方は多くいます。一人で悩んでいても解決しないような悩みでも法律に精通している弁護士や税理士に相談することによって驚くほどスムーズに解決することがあります。例えば、夫婦間の離婚に関するトラブルなどは、弁護士に仲介することでスムーズに解決することが多いです。離婚の理由がパートナーの不貞行為や、ドメスティックバイオレンスだった場合は、慰謝料を取れることもあります。夫婦間の話し合いだけで離婚する協議離婚の場合は、慰謝料の額が少ないのを泣き寝入りしてしまうこともあります。法的に見て妥当な慰謝料を受け取るためにも、弁護士に相談しましょう。
営業活動が停止している会社は、放置せずに解散手続きを行なうようにしましょう。解散手続きを行わないと、法人住民税の支払いが生じてしまいます。会社解散の手続きをどのように行なって良いかわからないという方は、会社解散や会社精算の手続きをサポートしている業者に相談しましょう。法律に詳しい司法書士が、書類作成から登記手続きなどを行なってくれます。
相続準備をするのであれば、弁護士に依頼して法的な効力のある遺言書を作成するようにしましょう。遺言書を作成しないと、遺族間のトラブルに発展してしまうことがあります。遺言書を作成しても、法的に効力の無いものであればトラブルに発展するリスクが有ります。元気な間に福岡などの弁護士に相談して、財産分配の意志を書面に残しておきましょう。
税金に関する悩みを抱いているという場合は、税金のプロフェッショナルである税理士に相談すると良いでしょう。税理士に相談することによって、有効な節税対策のアドバイスなどを貰うことが出来ます。納税金額を減らすことによって資産を守ることが出来ますので、東京などにいる税理士に相談してみると良いでしょう。

遺言書を作成

腕を組む男女

自分の死後に、財産をどのように分配するかを書面にして残すのが遺言書です。遺言書を作成していないと、様々なトラブルが発生するリスクが有ります。福岡の弁護士事務所に相談して、法的に効果のある遺言書を作成してもらいましょう。

View Detail